Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、子ども、出目金(デメー)の3人と1匹暮らし。ヨガな日々を綴っています。

猫のしなやかさ

いつもうちに遊びにくる猫さんの写真を撮ってみた。@玄関前f:id:azicoyoga:20170919172005j:image

今日は抱っこしながらブラッシング。

私を信用して身を委ねてくれる。私はそれが、本当に有難い&嬉しい。

私を受け入れてくれること、自分では手の届かない部分まで、まるまる受け入れて貰っているようで…これは、猫さんと一緒にいると心地よい理由の一つだろうなと思います。それに無防備なその姿を見ていると私の心もゆるゆると解けていく。

そんな時、気がつきます。

私の、無自覚な固まった筋肉、緊張が、こんなにもあるのだということに。

まるでヨガの時間のようです。

 

柔らかな毛並みと、そのしなやかな身体で猫さんは何を考えているのだろう。

それ、気持ちいい〜!もっと〜!

かな。

しょうがない、ブラッシングさせてやるか。

かな。

まぁ、何でもいいや。

 

 

…いつもありがとう。

君の柔らかな顔を眺めるのが、私は好きなんだ。

f:id:azicoyoga:20170919171917j:image

 

 

ヨガ指導者養成講座(2)

今日は2回目の指導者養成講座でした。

太陽礼拝ABのインストラクションテストがあり、、、

この緊張から早く抜け出したく、トップバッターを申し出て(笑)なんとかなんとか、なんとかして、、、終わってホッと一息でした。1人10分の持ち時間、私はギリギリまでかかってしまいました。

 

 歳を取ってからの新たな挑戦ってすごく勇気もいるしエネルギーもいるけれど、そのままの自分でいいんだ、と決めると(そう、私は決めたのです。体感しつつ…あるけれどしかし、まだ色々がひょっこり顔を出して来るので。だからと言って、ひょっこりしてきても、おおそうかそうか大丈夫じゃよ、ヨシヨシ…と少しずつしていきます。)途端に力みが取れてこんなにもワクワク楽しくなってくるんだという事を、初めて知りました。

この歳になってこんなに緊張する出来事に遭遇するとは…!しかし、この緊張感や、割と本気の「イヤダー!怖い!やりたくない!(笑)」という気持ちも貴重な私の一つの感覚。

終わった後に、とてもスッキリ、そして恥ずかしかったけど、楽しかった、そんな感覚を味わえた事に、「今、私、生きてる!(ライヴ感ですね。)」を感じたのも事実。

 

インストラクションで、何が一番大切なことなのか。

そもそもヨガ指導者の役割とは。

 

私がヨガにおいて求めているもの=指導者として伝えていきたいもの

 

という一致に気がつき、物事のシンプルな繋がりに驚きつつ嬉しく、楽しく。 

 

  

 息子は今、こんな大作にものすごい集中力で取り組んでいる。いつも下書はきせず、ペンで一発勝負。何かを見たりしながら描く事はまずない。彼の頭には膨大な道路が。

「道路先生ー!!!どうしたらそんなに描けるのですか?」「うむ、それは本物の道路をたくさんみる事じゃよ。直に歩き、触れて、感じるのじゃ。」などと言いそうな息子の背中に哲学と貫禄を感じる母。

f:id:azicoyoga:20170914170355j:image

 

 

 

あたりまえに思うことはあたりまえじゃない

そんなことを思いながら部屋の掃除をしました。

 

・・・

 

今朝、夫が仕事に行く前に部屋を見渡し一言。

夫「髪の毛多いなぁ」

うん、確かに、髪の抜け毛が床のあちこちに落ちている。4,5日掃除機をかけていなかったから、やはり普段よりは多かった。また私の髪は長いので1本落ちていてもよく目につく。

私「(最近掃除機かけてなかったと思いつつ)なにそれ?掃除しろってこと?」

夫「いや、そういうわけじゃないけれど、ただ多いなぁ〜って。」

 ・・・私にはよく理解できない、この夫の言い回し。 

夫は、朝ご飯を食べた後に仕事に行く支度をしながら髪の毛の件について言うことが多い。(どんだけ髪の毛が落ちているんだって感じですが、冗談のように掃除機をかけた側から髪の毛が落ちるんです…という言い訳)

タイミング的にも、暗に私に掃除をしろと言っているのと同じなのだけど…。そんなことを言われたら、私は、夫が仕事に行った後、まずは掃除機をかけるしかないじゃないかー!と、夫が会社へ向かった後に、渋々掃除機をかけ始め、家の全ての部屋、廊下、階段に掃除機をかけた。

そういえば、脱衣所とトイレの換気扇が埃でいっぱいだったな、と思い出し、リビングから椅子を持ってきて、その上に上がり、掃除機で埃を吸い込む。

(あ!思い出した!!前にここの掃除をした時はあの人は気づいてくれなかったどころか、そんなのあたりまえなんだよ。とのたまったわ!!!)

 椅子を出し、そこに上がって掃除機を片手に持ちながら天井の埃を吸うことってあたりまえにやるもんなの?!ありがとうって思わないの?(私の中ではあたりまえではなかったので笑、やはり感謝して欲しかった。)

あたりまえって誰かが何かをしているからまわりの状況が保たれているのよ!

あたりまえに思えて何も気がつかないほど、ささやかなことや小さなことも、何も言わずに黙々とやっている人がいるのよ!プンスカ!

悶々と、しかし無心に掃除機をかけていましたら、それって、、自分にも当てはまるんじゃない?…うん、夫のその態度、昔の私そのものじゃないかー!

 

…夫よ、、気づくきっかけを与えてくれてありがとう。(そして掃除をする事はやはり大事ですね。スッキリ。自分の為に掃除をすればいいのよね。)

 

あたりまえに思うことはあたりまえじゃない。ってそれがあたりまえすぎて気がつかなかったわ。

あたりまえのように、毎朝起きて、会社へ行くことや、

あたりまえのように、毎朝起きて、学校へ行くことや、

あたりまえのように、毎朝起きて、朝ごはんを作ること。

何気ない我が家の朝の風景ですが、このあたりまえを繰り返す一瞬一瞬が、かけがえのない、大切な瞬間であること。

それに多分きっと、世の中の全ては、あたりまえではない奇跡なのだろうと、そう思う。

 

あなたも私もあたりまえのように生きていること、それだけで全て良しなのです!!

 

 現在、太陽礼拝A、Bのインストラクションを練習中。的確に伝えることの難しさを痛感しています。

 

 

 

定点観測

ちょうど1年前の自分。

 

〜ヨガ〜とは、、

自分の定点観測。

 

「〜でなければいけない」を脱却した、その先にあるもの。

感じること、感じ続けること、、(not 考える)

そして、苦しくてもモヤモヤしても感じることをやめないという決意だ!

 

救われたい、じゃないのだよ。諸君。(←これはわたしのことである。)

 

 

 

ヨガ指導者養成講座(1) そして 弟への思い

ヨガ指導者養成講座がいよいよスタートしました。

この講座はいわゆるヨガアライアンスと呼ばれる資格を取得することを目的とした講座ではありません。

目指すゴールはただ一つ。

2ヵ月後の指導者デビュー!!

…うむ。できるのかしら。

 

今日は、自分がヨガを一番最初に知ったきっかけや、自分とヨガの関わりを振り返ること、ヨガを通して感じる変化を書き出すワークから始まり、アシュタンガ(ヨガ八支則)についてと、インストラクションの基本を学びました。

 先生はいつも、慎重に言葉を選びながらブレない“本当のヨガ”を教えてくれます。

それは、“何もたす必要はなく、あるがままの、今の自分でいい”ということ。

 変な話、インストラクションで、なぜこの言葉を使うのか、どういう意図があるのかを知ることで、逆に「今、自分のやること」「どこに意識を向けるのか」「感じること」の理解と重要性を実感しました。

 

・・・

 

 しかし、ヨガを嗜み、はや数年が経ちましたが、気まぐれな私は今、また自分自身のことでどん詰まり感をこんなにも感じています。しかも、今日は食べ過ぎて気持ち悪い。(←これは…いつものストレスからの過食)しかし、今日は私のどん詰まりの一つを解きほぐす一筋の光が、、講座へ向かう朝の電車の中で、道筋が見つかりそうな予感が。

弟の存在をずっと疎ましく思っていた私。そのことで弟に罪悪感を感じたり、自分はいけない(ダメな)人間なんだと、抱えてきた思い。その思いこそが、弟へ対する疎ましさと同様、私の中で、自分の存在を許してこなかった私自身なのではないのか、ということに気がつき。もっと言うと、弟の存在を許さない私は、自分の存在を許せないし、許さないのではないかと、ハッとしたのです。

私の、家族の中でこれまで沢山のことがあり、綺麗事だけでは済まないような事も本当に沢山あり、私は、何度も家族の誰かを責めたり傷つけたり、それでまた何度も自己嫌悪に陥ったり、自分自身も傷つけてきたり、様々な思いや苦しさを感じてきました。本当に色々とあったけれど、でも、それもすべてひっくるめての今の私、、、そのまんま、全て抱えたまんまでいいんだと。もちろん、弟だって、そのまんまでいいんだと。

そして、弟の障害のことで、自分自身が苦しんできた過去から今へ続く事実があり、誰のせいにも出来ない、誰を責めればいいのかわからない、それがまた苦しい、というところで随分と苦しんできましたが、そんな風に思う必要がそもそもなかったのだと…(でも、これは今までがあったからなんだよね。。うぅ、頑張ったんだな、私。)と、そんな思いが、ぶわーと心から湧き出てきました。

  

 弟というかけがえのない存在から沢山の喜怒哀楽を感じて生きてきたのですね、わたくしは。

先生のスタジオの入っているビル名が、弟の名前と同じっていうのが、、もうね、本当にね、そういうことなんだなっと、感じます。

 

  

 

soundcloudで「Mantra」で検索すると沢山のマントラ音楽が出てきます。少し疲れた時や、寝る前に聴いたりしています。優しい音色に癒されますよ。今朝電車の中で聴いていたマントラ

Aad Guray Nameh by TravelYogi | Travel Yogi | Free Listening on SoundCloud

 

 

ドイツのマントラ歌姫デヴァ・プレマール。

以前のヴンヤサヨガTTで講師の方から紹介していただきました。

ヨガスタジオでかかっていることもあるかと思います。

 Gayatri Mantra Deva Premal & Miten by spiritfestival | Free Listening on SoundCloud

 

 

 

 

 

 

 

私は私でしかない。

私以上でも、私以下でもない。

何かになろうと必死だな。

変わろうと必死だな。

必死な自分がいる。

…いるなぁ。

 

私は私のままだ。

私は私のままだったよ。

そうなんだ、そうなんだ。

私をそっくりそのまま受け入れる。

これまでのたくさんの事も、これからの事も。

私を生きる覚悟だ、これは。

 

先は見えない。

怖い、不安、、

産まれたての仔馬のようにヨロヨロです。

わー怖い。

わからない。

わからないのが怖いー!

ヨロヨロ。ガクブル。

 

私は変わるんだ。

もとに戻るんだ。

もとに戻っていくんだ。

もとに戻りたいんだ。

あーしんどい!

 

明日から、いよいよ指導者養成講座のスタート!

 

 

ヨガで大切なこと

今日はお昼からまたまた体験教室へ。

とある自治会館を開放して、そのクラスは行われていました。

いつもはアシュタンガなどのヴィンヤサスタイルのシークエンスのクラスを受ける事が多い私ですが、今回はまったりゆったりヨガを受けてきました。

まったり、ゆったりとは言われたものの、全くそうじゃなかった!

ヨガブロックを使って肩甲骨を開くことから始まり、キープ時間も長めの太陽礼拝から展開し、立位もしっかりと組み込まれていて、ポタポタ汗をかいた私でした。肩甲骨開きがとても良かったので、家でもやろう!

 

アシュタンガヨガの呼吸に合わせてダイナミックに動くヨガとはまた違った身体の使い方、じんわり動かすことで身体のパーツの動き方そのものをしっかりと感じ取ることができるようなヨガでした。

ポーズを完成させることが目的ではなく、そのポーズに至るまでの道のりを感じ取ること。私がいつも忘れがちな視点を思い出させてくれました。

本当に勉強になりました!