Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、子ども、出目金(デメー)の3人と1匹暮らし。ヨガな日々を綴っています。

そういえば。

気がつくと、右脚と左脚の左右差が少しずつなくなってきた気がする。

 

 以前の記事

 日常生活のありふれた動作の中で、アンバランスさを感じることが段々と少なくなってきている。この身体って本来こうだったのね、という新鮮さと感動。

昔から右半身に不調を抱えることが多く、以前は腰痛、ぎっくり腰、四十肩!にもなり、また少し疲れると右脚が怠重く、酷いと痛みで眠れない事が当たり前の日々、、etc 

全て見事に!右半身側に集中。

しかも脚のだる重さは湿気の多い日にも毎度のようにあり、本当にしんどかったのだが、最近は本当に疲れた時以外に怠くなることがなくなった。

 

ヨガで全身をくまなく伸ばし、縮め、捻り、筋肉を動かしているからだと思うけれど、身体のバランスを整えることを大きな目標としながらヨガに取り組んでいた以前は、こんな風にはなかなかならなかった。

バランスを整えることは、私の中での大きな目標であり動機だった。(上記のような痛みのある症状があった為に尚更。)

でも、なかなか上手くいかなく疲れてきた事、すでに大きな執着(自分の中では当たり前すぎて“執着”自体に気がつかなかった)になっている事に初めて気がついた事。ヨガの何たるかを少しずつ知るにつれ、おそるおそる、そして「もういいや、バランス整わなくてもいい…」と半ば投げやりにその目標(目標ではなく既に執着)を手放すことに決めたのだった。

 

 

アーサナの最中は大いにアンバランスさを感じています。

まだまだ、アンバランス。

それもまた楽し。

  f:id:azicoyoga:20170810054845j:image

 

 

アウトプット

息子のアウトプット。

電車の知識がちんぷんかんぷんな私に、上野駅で停まる電車一覧を書いてくれた。

ママにわかるようにかいたよ!

 

毎日のように、道路地図を書き、路線図を書く息子。

息子は、自分の興味のあるものを私や夫とシェアしようと、いつも教えようとしてくれるし、クイズを出してくれるし、それはそれは一生懸命だ。

その生き様、学ぶ時だと思う。

 

f:id:azicoyoga:20170808192408j:image

 

 

ヴィンヤサヨガと指導者養成セッション

順調に夏休みが過ぎつつあり、母としては順調に煮詰まってきたところで、息子は昨日今日と所属するスポーツクラブのサマーキャンプへ。

 

久しぶりの自由時間!ということで、昨日は、ヴィンヤサヨガレッスンと指導者養成セッションを受けに行ってきました。

生き返った。。

子どもと離れる時間を取れただけじゃない。

やっぱり、何かに夢中になれる時間というものは何者にも代えがたい。

あっっという間のうちにヴィンヤサレッスンは終わり。

 

指導者養成セッションでは。

自分の中でのヨガ講師像があまりにも貧弱なこと、

最終目標を定める手がかりが掴めたこと、

自分の中を掘り下げる作業の難しさ、

わたしはなぜヨガ講師になりたいのか?という問いの答えに、何気なーく正解(と自分で思うこと)を探してしまうこと、

本心は見つけられた?

 

・・・

 

家へ帰り、セッションの続きを自分でやってみる。

夜、息子がいないことは本当にまれで、家の静けさに戸惑いつつも開放感も感じる。

昨夜は涼しく、とても気持ちのいい夜風にあたりながら、気がつけば夕飯も取らずに作業に没頭。

しかし、静かだ。

 

・・・

 

旦那が帰ってきた。

今日は2人だね、静かだね。

テレビを観ながら旦那の会社の人の話を聞く。

フラットな感覚でその場にいる自分がいた。

いい、悪いじゃない、評価しない、

それもありだよね。

それでもいいんじゃない?

 

旦那も、わたしも、誰でも

 

・・・

 

少し逞しい顔つきになって帰って来た息子。

おかえり!!

 

賑やかな毎日に戻ります!

 

 

 

 

第2フェーズに入ります話

この拙い文章を読んでくださる方へ、いつも本当にありがとうございます。

このブログを続けるモチベーションの大きな理由の1つとなっています。

こんなことを書いてしまうと、ブログをやめてしまうのか、という雰囲気ですが、

違います。

 ただ、最近思うことで、気ままに思うことをつらつら書いていたつもりが、意外と(というかやっぱり)いい子に見られたい私が出てきてしまって、とても格好をつけることがありました。

きれいなことを書きたかったりするのです。なんか、自分でも苦笑いなくらいの必死さを感じることもありました。

薄々そう感じながらも書いてきたこのブログでございます。  

でも、そういうのももういい加減やめてもいいのかなぁと思い始めたのです。

しかしこのブログの自分も自分自身の一部であることには変わりない、、はずなのですが。私の中から出てきた言葉ですしね。。でもきっと受け売りとかもあるのですね。

 

ヨガの学びが進んできたことで、この自分のことを書く場所がせっかくあることだから、それを有効に使いたいと思うようになってきました。

自分の言葉を持とう、と思いました。

事実と違うことは絶対に書かない、というのは誰に言うでもなくむしろ宣言をすることでもないのですが、このブログを始めた時に自分で自分に決めたことでありました。それはこれからもきっと変わらないと思います。

 だからこその、この第2段階へ入る感じなのかもしれません。

 

今日から、息子は夏休み!

彼は午前中学校のプールへ行って、帰ってきて早速いつもの道路地図描きに夢中です!

みなさま、暑い毎日が続いておりますが、どうぞご自愛くださいね。 

 

 

向かう先

彩りの強く、濃い、向こうの世界に

私には行けるだろうか。

 

不安からそう思ったけれど、、やっぱり行こうとするのだろうな。

 

私は決めてるよ。

そう知ってるでしょ?

 

 

f:id:azicoyoga:20170717115428j:image

 

感じる。感じる。

今日はいつものヨガレッスンへ。

先生は、先生ご自身が学んだことをいつも惜しみなくシェアしてくれます。

 

私もそんな人でありたいと、、いつも思います。

 

今日のレッスンでもまた新しい身体の感覚を味わう事ができました。

 

私が最近テーマ?にしているのは、「背骨の存在を感じること」です。

背骨がなかったらぐにゃぐにゃと軟体人間になってしまうのは当たり前ですが、背骨があって当たり前なので改めて感じ取ろうとすると、意外と難しく。ヨガのアーサナの最中でさえ、ついつい忘れてしまいます。

いつも苦戦するマリーチアーサナCで、今日は背骨の大きな存在感を意識しながら、肩甲骨が硬くなっていることに気がつき、でも気持ち良さを感じることができました。

いつまでもこのままでいたい、と思いましたが手首が痛くなってきたのでポーズを解いたのでした。マリーチアーサナCで、こんな感覚は初めてでした。

 

先生が今日話してくれた事の1つに、脳と筋肉の神経の繋がりの話がありました。

とにかく、とにかく感じとる事。

そのうちに脳神経とそこの部分の筋肉の繋がりができてくるのだと。

なるほどなぁです。

 

思考はいつも言葉を使います。

しかし、感じるって、言葉では表していいのか、それとも表さない方がいいのか、、

 

うんうん、〜〜(モニャモニャ)な感じ。

〜〜(モニャモニャ)だな。

みたいな。

 

そんな細かいことが気になる自分。

 

 

f:id:azicoyoga:20170705192725j:image

 

 

Jupiter

昔から大好きな曲です。

地元が地震で大変だった時、復興のテーマ曲として本当にたくさんの人が聴いた曲です。

数日前からとても聴きたくなり。

 

昔に聴いていた時と、今で、歌詞の捉え方がだいぶ違いました。

 

あなたは私のことで

私は私のことで

 

ようやく意味がわかりました。

私の視点がだいぶ変わったのだと思いました。

 

 

改めて、本当に、本当に、素晴らしい曲だと、感じます。

 

 

昨日は、パワープレーで、息子と2人して熱唱でした!

 

f:id:azicoyoga:20170703140047j:image

 

 

 結婚する前、地元のコンサートへ来てくださったことがありました。平原さんご本人はとても小さく華奢な方でしたが、歌い出したらとてもパワフルでオーラももの凄く、素晴らしいステージに涙涙で感動してしまったのを今でも覚えています。

 

Jupiter - 平原綾香