Way of my life.

心たゆたうまま、まるまると生きる人のお話

他者からの評価が欲しい

そんな自分がまだいる。

来週から、ヨガマットインストラクター(読み直して笑った!ヨガマット!)として始動する訳なのですが、、

うまく出来るだろうか?

と、考える自分がどこかにいる。

そして、

被害者になれるかどうか?

と、チラホラ出たり引っ込んだり。

いや、だいぶいる(笑)。

そんな状態にある自分に気がついた夜は、

えいっえいっ!と気合を入れる。

自分の人生、今のまでも自分が決めてきたのだ!

これからも、自分で決めていくのだっっっ!!!

と。

そんな夜は眠れやしない(笑)

 

大丈夫、大丈夫。

自分で決めたのだ。

自分の面倒は自分でみる。

自分を信じる。

 

この感じ、指導者養成講座を受講しようかどうしようか、、考えていた時と同じであるよ。

自分の胸に手当てて、自分の内側を聴きながら寝るとするよ。

おやすみなさいませ。

 

 

 

世界を知ることにメガネは必要か

答えは、no!

風のウィスパーボイスと

虫の声

鳥のさえずり

胸の鼓動

身体を通る呼吸

生命の躍動を聴く

 

遠くへと綿毛を飛ばす風

木陰で昼食を食べる人

私、コンビニのサラダ

さっきね、虫に刺されたらしくアキレス腱のあたりが痒い

 

やっぱり、風が好きよ

双子座だしね

飛び立つ鳥 羽ばたく音色の美しさ

いつの日か鳥になって、大空へ自由に飛び立ちたいと、幼い頃に思っていたのを思い出した

notイカロスよ 鳥そのものになるのよ

大空の風を感じ、乗って、呼吸という風を感じてね

 

 

夜、息子は宇宙飛行士になりたい!と言った。

 

 

f:id:azicoyoga:20180515220145j:image

 

 

 

完璧

f:id:azicoyoga:20180514154925j:image

真っ青な空、紺色のパラソルの下で、ビールみたいなコーヒーを飲んでいる。

私は、思いついた言葉を逃すまいと、いそいそとメモをとる。

隣の中年カップルが(私も中年、だ!)何やら楽しそうにお喋りしている。

思わず少し聞き耳を立てる。

目の前を、コツコツと靴音を立てながら歩いていく若者。

オーダーしたサラダランチを店員さんが運んできた。

ワァーオ!美味しそう!

息子の顔を思い出す。

こんな美味しそうなものを息子にも食べさせたいと思う…からの、今夜の夕食どうしよう、ズドーン…笑

 

早速、ハムハム、パクパク食べる。

ちょっとドレッシングの量が多いな…しょっぱい、勿体無い、でも美味しい、と思っていたら、

1人、リュックを背負ったサラリーマンがデッキにやってきて、外の景色を仰ぎ見てから大きくため息をつく。

くるっと踵を返し、また戻っていくおじさんの後ろ姿に、

いま呼吸したよねぇぇーーーおじさん!!!

ちょっと私とヨガやって行きませんかぁーーーー?!と、心の中で思う(叫ぶ)。

 

 

 黒ビールのようなコーヒー、コーヒーのような黒ビールではない。思わずぐびぐびと、喉越しを味わおうとしている自分がいた。f:id:azicoyoga:20180514154948j:image

 

 

 全てが、完璧だ。

 

かんぺき
完璧 《名・ダナ》
一つも欠点がなく、完全なこと。完全無欠。
 「―を期する」

 引用 完璧 意味 - Google 検索

 

 

全てが、一つも欠点がなく、完全だ!

 

 

 

全ては、気がつくだけでいいのだ

受け入れること、認めること、までのアクションを起こさなくてもいい。

その一歩手前

ただ、気がつくこと

 

受け入れよう、認めよう、とするから、

受け入れられない、認められない、自分を責めることになる

受け入れられた、認められた、とするから、自己顕示欲に繋がったり、そうできない人を下に見てしまう、どこかで安心していたり

 

全ては、気がづくこと だけだ

その状態にあることに、自分で気がつくだけだ

世の中の全てに 気がつくだけだ

それだけで いいのだ

 

それが、たゆたうということだ

 

そういう瞬間、私は泣く。

まるまるの自分を受けとめて、嬉しさのあまり、涙がでる。

 

 

 

脳みそは、ひっつき虫

脳みそは、ひっつき虫のようだ。

何かに、誰かに、ひっつこう、取りつこう笑と、必死で、何かについて考えたり、誰かについて考えたり、四六時中している。飽きもせず!

 

考えるに、脳みそって本当は暇でいいのに、暇だと自分の存在意義がないから、

とにかく何か考えないと死んじゃうっ!って思ってて、

そして、その考えることがドラマチックであればあるほど良くって(ずっと考えていられるから)その状態の人間は、悩んだり、苦しんだりしているんだけど、脳みそからしたら、めっちゃ楽しい状態!脳みそ冥利に尽きる!!みたいな感じなのではないだろうか、と。

結果、そんな脳みそを頭に詰めている人間は、なんだか身動きが取れなくなっちゃうんだと思った。

 

前に、15分間瞑想をしたことがありました。(今までどうもやる気にならなかったのですが、なんだかやってみたくなったのです。)

結果、とても面白かったし終わった後は、頭はスッキリしたのですが、私は自分の脳みそに心底呆れ果てました(笑)

たった15分の間なのに、私の脳みそは、待ってましたとばかりに過去の出来事の反芻を始め、頭のおしゃべりが止み始めたと思ったら、今度はまわりの音にクローズアップし始め、鳥のさえずりをしばらく聴き、何話してんだろ?と、分析しようとし、一通り聴いた後、今度は家鳴りの音、通り過ぎるバイクや車のエンジン音を聴き続け、今度は自分の周りにまた意識が戻り、そのまま近くのファンヒーターの温風の温かさや風が服に当たる感覚を感じて。。ここで、座っているのが辛くなってきたので瞑想をやめたのですが。

ひたすら、何かにフォーカスし続ける脳みそ。

一瞬、静かになったな、と思ってもね、まだまだ続きまっせ!とばかりに新しい観察対象を見つけていきました。目や、耳がぴゅーっと見たい聴きたいその対象の近くまで飛んでいってべたーっと張り付き、

じっっっっと見ている。

じっっっっと聴いている。

ちょっとグロテスクな感じ(笑)

そんな、好奇心旺盛なこの脳みそに、私はおみそれした訳です。(みそだけに。。フフ)

それで、これは、この脳みそにはもう降参した方がいいなと感じました。

脳みそが、あれやこれやペチャクチャお喋りしていても、あぁ、喋っておりますのぅ。今日も元気にやっとりますなぁ。おじいさんや。と。

縁側で日向ぼっこしてるお婆さんになろうと思いました。

脳みそが必死になって悩み事や心配事や不安や怖い事、、などなど、頑張って思い起こさせますが、それは自分の頭の中の、脳みその中だけのワールドでしかないのですのよねぇ。

 

そして、、脳みそは、ぼやーーっとリラーックス、、は、脳みそ自身からはなかなか出来ないのだとも思いました。

だからあえて、ぼやーーなスイッチを入れる、もしくは脳みそ活動を低下させるよう、スイッチを切る、その切り替えをする一つのきっかけが、

ヨガなのだ。

そうなのだー。

と、思う次第です。

 

そもそも、ひっつき虫ってなんなのだ。

f:id:azicoyoga:20180511171701j:image 

 

独り言

自分と繋がり、この地上に降り立ち、この身体を使って、私はこれから何をするのかが問題だ。

私はこれから、何をするのか?

私はこれから、何がしたいのか?

 

私のこの両手で何ができるの?

 

平原綾香/Jupiter - YouTube

 

いつも、立ち戻るはこの曲で。

ありがとうございます。

 

 

自分と繋がりながら、たゆたう

さてさて、何か書こう。

ブログを書く意味を最近考える。

誰かに何か、伝えたいことがあるからか?

それともただの独り言か?

自分という人間の存在証明のためか?

 

まだよくわからないけれどそれのどれも当てはまるような。

あぁ今日のブログは独り言、独り言。

気がついたが、、、基本的に自分の中のものを外に出す作業の一つとして、私はブログを書き続けているようだ。

日記か、、、、?

それならば公開している意味は???

ぐちゃぐちゃなまま、徒然なるまま書き連ねる今日のこのブログは??

暇、だからかしら?笑

ふふふ。

何事をも決めないで書く文書。

愉快だ。

 

 

自分の内側でくつろぐことが、こんなに気持ちのいいことだったなんて。

これからのブログ、発信する感じになるのかどうか、何もかもがわからなくなってキタぞ。

どばーんと開いたこの心。

心の底から、やりたいことが、やってみたいことが、少しずつ少しずつ芽を出している。

自分、嬉し。

でもなかなか悩むこともしばしば。

しかし、心たゆたうまま、そのままをそのままで、生きていくことは決めた。

自分と繋がっていれば安心なのだ。

まるまると、たのしもうではないか!

 

 

 

 

追記

このブログを書き終わり、一服しようと淹れたyogitea、不思議なことにいつもぴったりカンカン!な言葉が出てくるのです。

「心のままに発信し、シンプルに生き、笑顔を絶やさずに」

泣きたい時には泣けばいいよ、と。その後には必ず笑顔になる。それをもまるっとひっくるめての笑顔だから〜!

f:id:azicoyoga:20180508100305j:image