Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、子ども、出目金(デメー)の3人と1匹暮らし。ヨガな日々を綴っています。

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 ジェーン・スー著

f:id:azicoyoga:20160916101139j:image

先日、骨格診断をしていただく機会に恵まれ、初めて人様に身体を診ていただいたのです!

自己診断ではウェーブ。でも私にはそれがピンとこなかったので、ストレートかナチュラルのどちらかと思っていました。

 

ドキドキしながら判定を待ちました。

 

…アジコさんはウェーブです。

…え?ウェーブ?なんでウェーブ?…自己診断、あってるんじゃん!涙

 

ウェーブといえば、シフォン、レース、薄い生地、透け感、スカート、ふわふわ、フリフリ、花柄、骨が細い、ピンク、リボン、プリプリ、とにかく可愛いもの、エトセトラ…エトセトラ…

などなどいわゆる女性らしいアイテムが似合うとされています。

 

 私はいつもパンツスタイル&スニーカーの カジュアル一辺倒です。クローゼットの中は、白or黒or青or水色、小学生男子か!っていう色合い。ある時、それもどうかと思い、カナリアイエローの綺麗なサーキュラースカートをちくちく縫ってみたりもしましたが、結局青系の補色じゃん!とひとりツッコミを入れる始末。

 「私はなんで赤とかピンクとか女性らしい丸みを帯びた(というイメージ)ような服を持っていないのかしら??」

↑ここら辺を考えると結構面白いんですよね〜!女性性とかね。思えば、私の選ぶ服は幼い頃は赤とかピンクとかそしてスカートも多かったと思うのですが、現在はパンツスタイル&ナチュラル系に。=楽チン&体型隠し的な(笑)(今は子育て中&ヨガ一辺倒な人間なのでなおさらかもです。)

 

ジェーン・スー女史は、「ピンクと和解せよ」と強く仰っております。そうなんだよ、すごくよくわかるよ、、とすごく頷きながら読破しました。でもでも、ウェーブ的なファッション(生き方)ってどうすればいいのさ〜いまさら!涙

こんなごつい膝頭にシフォンのスカートなんて似合うはずもない。こんなワイド&甲高な大足に華奢なピンヒールのパンプスなんてきっと入らない。若いときは結構頑張ってオシャレを楽しんでいた時期もありましたが、(ウェーブさん的な格好していた気がしますです。)身体を洋服に合わせていた感があったので、もう今はいいかな、、と思っていたのですが。

ジェーン女史はもうご自身の中で消化されているようで読んでいてとても気持ちよく、すっきりとした読後感でした。私にはもう少しこの事態を味わう時間が必要なようです。

生きていると受け入れることってたくさんあるみたいですね。(ニッコリ)

 

 

ちなみに、このブログのテーマカラーは奇しくもピンクだったので自分の女性性はかろうじて認めているのだろう、と思う。