読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、子ども、出目金(デメー)の3人と1匹暮らし。ヨガな日々を綴っています。

頭のデフラグ作業

ヨガ

先日、いわゆる“感じの悪い人”に久しぶりに出会ってしまい(笑)一晩寝ても引きずっていて、次の日も朝から家事に追われながらモヤモヤと考えていました。考えたくなくてもいつの間にか思考が始まり頭の中をぐるぐる回り始めるあの感じです。

洗濯物を干しながら一応の決着をつけたので、気持ちを切り替えて、1日が始まりました。その後、一通りの家事が終わり、太陽礼拝Aのみで終わらそうと思いながらヨガマットに立ちました。

呼吸に集中しながらの太陽礼拝。気持ちいい。ありがたい。その気持ち良さ、呼吸をずっと続けていたい気持ちのままに、結局はハーフのスタンディングポーズまで続けていました。久しぶりのアシュタンガでグラグラな所も結構ありましたが楽しかったのが何よりで。

 

ヨガの後に気づいたことで驚いたのが、さっき一応解決したと思っていた嫌な事についての受け止め方が変わっていたこと。

あの人もきっと普段はいい人に違いない。あの時は機嫌が悪かったのだ。うんうん。きっとそうだ。だから、私は傷つかなくていいんだよ。だいたい私はそんなことで傷つかないでしょう!?大丈夫。だって…以下延々続く(けど無理やり解決)

から、

ただ、そういうことがあった。事実として受け入れるだけ、それだけのことだ、とすとんと胸の内に収まった感じで。

 

いつもの自己解決の仕方と少し違うなぁ、何故だろうと考えてみました。

ヨガの後のことなのでヨガのお蔭であろうことはそれとなく感じたのですが、そういえば…嫌なことがあった後に独り言で自分を慰めてみたことを思い出しました。湧き出てくる感情を味わう、そうすると手放せる、という言葉を多数の本で読んでいたので実践してみたのです。今までも何度かチャレンジしたことがあったのですが、味わう、という行為が実際には難しく感じていたので、自分の気持ちを声に出し、もう1人の自分と会話してみたのでした。かなり怪しい人(笑)になってしまいましたが。

 

そして、これもヨガの後に気づいたことなのですが、頭の中を駆け巡る思考さん(という名前で呼ぶことにします)は、今回私の傷ついた…という気持ちを察知すると慌てて、大丈夫!気にしないで!なぜなら〇〇かもしれないよ!××かもしれないし!と推測して傷ついていない風に動くのだなということ。

 今回のプラクティスで、呼吸に集中してアーサナをとっているその間に、私の頭の中のその思考さんが一生懸命動いて考えた推測を、全部手放し事実はこうだった、ということだけ頭に仕舞う。そうしておしまい。

 

 自分の思考の動きや気持ちをここまでクリアに感じることは初めてで、すごく興味深いことでした。でも面白かった!

 

そして、ちょっとしたことでも何か心にグサッとくることがあると、自分で軽く感じようとしたり、なかったことにしがちだけど、そうかー悲しかったよね、嫌だったよね、と自分で自分に共感する、自分の隣に自分が座って肩を抱いてぎゅっとする感じ、本当に大事なのだと感じました。

この、カナシミみたいにね。

f:id:azicoyoga:20161002064818j:image

 

 

ヨガは脳内のデフラグ作業や!!!