Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、子ども、出目金(デメー)の3人と1匹暮らし。ヨガな日々を綴っています。

身体に寄せる

この前の土曜の朝、家族が起きる前にアシュタンガヨガハーフのスタンディングまでやって、シャバアーサナで休んでいた時のこと。

いつもは両脚をヨガマットの外に大の字に伸ばすのだけど、その日は仰向けで寝た時の腰の浮きが少し気になったので、少し膝を立ててシャバアーサナをしていました。

あぁ、ほわほわと気持ちいいなぁなんて思いつつぼやぼや〜(意識朦朧)としていたら、突然、右脚だけがパタンとまっすぐに伸ばされてしまいました。自分では力を入れていないつもりだったので少し驚きましたが、あぁ右脚はこっちの方が心地いいのね、とそのまま放っておきました。

そのシャバアーサナ、左脚は地面に踵をつけ膝が少し立っている。右脚はだらんと伸ばしたまま。だけど、腰の高さは左右同じ、股関節の開きも同じ角度。(という感覚)

幼い頃から右脚だけ少し内旋している私の脚。

左右差にはいつも神経質なぐらい気をつけていました。アーサナをとるとき、左右同じように力を使う、左右同じカタチに保つ。

 「これが私のシャバアーサナなのかもね」

 今までだったら決してこんな姿勢は自分で許さなかっただろう(寝相は除く)。

なんて素直な自分だろうと少し驚いた日でした。