Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、息子の3人暮らし。ヨガな日々を綴っています。

ダイニングテーブルのお手入れをして思うこと

今日はすっきりといいお天気。息子は今日から幼稚園へ登園です。

5日振りの1人時間、以前からやりたかったダイニングテーブルのお手入れをすることにしました。

お手入れセット↓f:id:azicoyoga:20161024113659j:image

我が家のダイニングテーブル

昨年新居に引っ越してきて、新しく購入した家具はとても少なく、ベッド、ダイニングテーブルとチェアー4脚のみです。

新居を構えるにあたり、間取りに合うようなサイズのダイニングテーブルを色々探していたところ、あるテーブルに出会いました。全体はとても綺麗な飴色で、可愛い雰囲気。そしてさらさらとしながらしっとりと吸い付くような手触り、すべてに夫婦で一目惚れしてしまって。それはこちら、朝日木材加工株式会社のBOSCOシリーズなのですが…。少し心配事がありました。幼い子どもがいる我が家ではやや難易度の高そうなテーブルだったのです(今まで家具にたいした拘りもなかったので、尚更そう感じました)。

  • 水拭きができないこと。汚れたらすぐに乾いた布で拭く。
  • 2〜3ケ月に1回はオイルを塗るお手入れが必要なこと。

それから、あまりにもテーブルを大事にしすぎて生活が窮屈になってしまうのではないかということ。

しかし、とても素敵なテーブルに出会え、新居と一緒に長く大事に使っていきたいという思いも強かったので、もし息子がテーブルを汚してもわざとじゃないならそれを怒るのはやめようね、と旦那と話し合いの末に購入したのでした。

 

 

BOSCO ダイニングテーブルのお手入れ作業

 さてさて、お手入れ作業の始まりです。

息子は、このテーブルの上で絵を描きまくっています。あちこちにある、紙からはみだした鉛筆の線。ボールペンや蛍光ペンの線も。それらをまず消しゴムで消します。消えるものはひたすら消していきます。

 

よく見るとテーブル全体がこんな感じ!f:id:azicoyoga:20161024113706j:image

 

気がつけば30分、ひたすら消しゴムで消し続けていました。

ただただ、目の前の鉛筆の線を消していく作業。これを消しゴム瞑想と名付けたい。

 その後、消えなかったボールペンの線や、シミなど、お手入れセットに入っているヤスリでサーッとなでつつ消していきます。この作業は加減がなかなか難しいです。あまり強くこすると天板がへこんでしまいますが、なでるだけだと汚れが消えません。でも目立たなくさせる、位でよさそうです。

 次に、お手入れセット(写真右)の着色オイルを付属の布に染み込ませ、先ほどヤスリをかけた部分に薄く塗りこんでいきます。時間をおいて余ったオイルがあれば拭き取ります。

最後はお手入れセット(写真左)のオイル&ワックスを天板全体に薄く塗りこんいでいけばお手入れは終わりです。

 

 

家具は思い出を記憶する

およそ1時間あまりの作業が終わりました。じっくり取りかかりながらこのテーブルが来てからのことを色々と思い出していました。

最初の頃は、やはり使うのにとてもピリピリとしていました。新しいものを新しいまま、なるべく保っておきたかったんですね。でもそれは無理な話で。(当たり前ですね。)テーブルにコーヒーはこぼすわ牛乳はこぼすわ。ランチョンマットを敷いていても、不思議と敷いていないところにこぼす(笑)。その度「きゃーー!!」と大騒ぎしていました(笑)。テーブルが汚れることに敏感になっていて、ついつい息子に強い口調で注意してしまったり(自分だってあるのにね。反省)

 

今では息子が思わず汚してしまうことはそんなに気にならなくなりました。ちなみに私が使う時&汚した時は、必ず何か下に敷く&すぐ拭くを徹底しており(もう癖になっている笑)、どうでもよくなった訳ではなくて、長く大事に使っていきたいという気持ちは強く持っています。

だからなのか、今日のようなお手入れもとても楽しくて。あーこんなに汚れてる!というより、これはいつの時の汚れだ?と考えてみたり、はみでた鉛筆から息子が絵を描いているいつもの様子を思い出したり。数々の鉛筆の線も、こんなにたくさん描いたんだな〜やるな!と思ったり(笑)。

そして、汚れや傷ってその空間の記録(記憶)なんだな・・・と改めて気づく。しみじみ。

 

 

かけがえのない場所

 我が家のこのダイニングテーブルは、家族がみんなが揃って食事をするとても大事な場所であり、息子が大きな絵を描いたり、旦那がパソコンを開いていたり、私がハーブティーを飲みながら読書をしたり・・・各々が楽しみ、好きに過ごせる場所ともなっています。我が家の、それぞれの家族の歴史が、それぞれに少しずつ刻まれていく、ダイニングテーブルとチェアーが私はとても大好きで、そこに集う家族は、私にとって何よりもかけがえのないものなのだなぁと感じています。

 

今日、お手入れをしていて思いました。

今は汚れや傷はなるべく消しています。すっきりと気持ちがいいので。

でもいつか、、、その汚れや傷が懐かしくて、愛おしくて、消せないなと思う日が、くるかもしれない涙、、、う〜ん、、その時また考えよう(笑)。

 

f:id:azicoyoga:20161024113711j:image