Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、息子の3人暮らし。ヨガな日々を綴っています。

マットの上で

マットの上には日常を持ち込まない、外側ではなく内側に意識を向ける、、と意識しながらマットの上に立ってきましたが、マットの上に立つと、自分が日常で行っていることや考えていることそのものが、逆にそのまま現れてくるのだと気がつきました。

マットの上では自分が丸裸なんですね。今までそれに気がつかなかったけど、、、

だからマットに立つと、(無意識にでも)ごまかしている自分がいたとしたら、そこでうまく擦り合わせができなくて、嘘偽りのない自分と対峙せざるおえなくなって、苦しかったり、辛かったりする時もあるのかも、と。

 

ヨガは自分で自分を見る鏡でもあり、また、自分の考えていること、行い、つまりは人生そのものをマットの上に立つだけで見せている。生き方を知らずのうちに表明しているというか。そこには客観性しかない感じ。自分も周りも。

覚悟のいることなのかもしれない、けど、自分を巡る地図を手に入れることには変わりなく。

新しい自分(きっと、元々既に在る)未だ見ぬ自分に出会う楽しみ、喜び、驚きを感じたいのと、今までの見て見ぬ振りの自分を掘り下げていく作業と、とにかくやること、やってみたいことがたくさんで、多分私の人生は飽きることがなさそう(笑)

(そういえば昔、夫は人生はいかに暇つぶしをするか、と言っていたのを思い出しました・・・汗)

 

自分はどこからきて、どこへいくのか、、そんなことを求めて、そして自分の命を生き抜きたいかも・・と、この歳でようやく思いつつあります。

大げさかもしれませんが(笑)