Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、息子の3人暮らし。ヨガな日々を綴っています。

現代人のためのヨーガ・スートラ グレゴール・メーレ 著 伊藤雅之 監訳

今日は暖かい1日でした。

午前中、まずはリビングの片付け&掃除。

その後アシュタンガヨガハーフプライマリー、ヴィンヤサをしたりしなかったり、で過ごし。

f:id:azicoyoga:20161128125025j:image

プラクティスのあと、あたたかいものが飲みたくなりルピシアのニルギリを淹れ、その甘い香りと深く優しい赤色に感動。

 

そんなニルギリ茶をお供に、図書館で借りてきた『現代人のためのヨーガ・スートラ』を久しぶりにパラパラとめくっていたら、あるところに目が止まりました。

 

スートラ第2章47

アーサナの確立は、努力がやみ、無限への瞑想によって得られる。

 

解説 

(略)努力と苦痛が示されるのは、アーサナの準備段階である。自己受容の気づきを訓練することで手足が正しい位置にくれば、努力は突然やむのである。(略)

 

なるほど…。

私は、準備段階なのですね。ようやく入り口に立ったか立つか立たないか(笑)な状態だろう、と思います。

少しずつ自分を受け入れられるようになってきた気がしますが、まだまだ見たくない自分も、あります。

 

 

f:id:azicoyoga:20161128161951j:image

難しくてなかなか読み進められないのですが、プラクティスの後に、スートラを読む時間をこれからも少しずつ作っていきたいなと思います。