Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、子ども、出目金(デメー)の3人と1匹暮らし。ヨガな日々を綴っています。

私の中の私

今週からいよいよ春休みが始まりました。

f:id:azicoyoga:20170322210635j:image

来月からは小学校にあがる息子。入学準備で何かと気忙しい日々を過ごしています。

ところで今日は日中1人になる時間があったので、さっと掃除をしてハーフプライマリーまで。

背中側、背骨より右側、ちょうど肺の裏あたりが呼吸で膨らむたびに少し張るような感じを受けました。でも、その張る感じをそのまま感じていたら、なんだか心地の良いような、あぁ今はここなんだな、とわかるというか。

その状態を感じていたら上半身、特に肩や首まわりがガチガチなのに気がつきました。

 

そして今日は、ふっと浮かび上がった自分の姿が見え。

普段意識していない部分からそっと出てきてくれました。

その姿は、、、凄くいじけていました。

部屋の片隅で壁を向いて体育座りしてるような感じ(笑)

こちらから見ても顔は見えず、表情はわからないけれど、全身全霊いじけていますオーラを発揮していました。いじいじと。それはそれはいじいじと(笑)。

おおーいじけてる!いじけモード全開だ!と思っていたところ、あろうことか意識している部分の私はその姿の私を馬鹿にし始めました。

なんでこんなにいじけてるのー⁈

ダサすぎー暗すぎーうけるー!ケラケラ

みたいな。指を差して笑う感じです。

おぉ馬鹿にしている!私が私を馬鹿にしている!と驚くのと同時に、なんだか納得もしてしまいました。

まだまだ受け入れたくない自分がいて、隠そうとしたり、誤魔化そうとしたりで必死なんだな、と。

いや、もしかしたら、それが自己評価なのかも、とも感じました。世間で言う所のいじけたやつ、ダサいやつ、暗いやつ。そんな風に自分で自分を馬鹿にしている。

 

今はいじけ虫なんだよね。いじけたいんだね。わかったよ。なんでそんな風になったのか気にはなるけれど(この答えもそのうち見つかると感じる)

暗くてもいいんじゃん。ダサくてもいい。というか、暗いとかダサいとか、そういう相対的な評価はいらないし、ないよね。そうじゃない。

暗いとかダサいとか、そういう枠に当てはめること自体ができないと、きっと私自身は知ってる。

 

いじけている自分がふわっと見えたこと、なんだかじんわり嬉しかったです。

また感じたら、今度はそばに座ろう。