読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、子ども、出目金(デメー)の3人と1匹暮らし。ヨガな日々を綴っています。

新月からの流れ

昨日、久しぶりにヨガレッスンへ行ってきました。

先月は子どもの行事や春休み、今月からの新生活に気を取られており、そういえば!全然レッスンへ行けてなかった!と思い出したのでした。

昨日は新月。先生からの提案でアシュタンガヨガはお休みし、ハタヨガのレッスンに変更となりました。

久々のクラス参加でアシュタンガ、新月、きっと私は気合が入って手首あたりを痛めたりするのではないかと思っていたので(加減しているつもりでもついつい頑張ってしまうのです・・)少しホッとしました。

上半身はほぐれ、下半身はしっかりと動かし、久しぶりに自分と向き合う時間を過ごすことができました。そして先生にお会いできた事で、元気をいただき帰ることができました。

 

そのせいなのか夕方にご飯を作りながら、

「やっちゃおう!このままでは何もしないまま人生が終わってしまうな。」とふと思い、日頃からやろうと思っている細かいことで、できていないことも少しづつ手をつけていこうと決意し。

 

昨夜、夢の中には先生が出てきて、

「azicoさんは、なぜヨガ講師になりたいのですか?」

と聞かれ。

・・・答えられなかった自分。

朝。

「Oh・・」と頭を抱えながら起きたのでした。(気分は何故か英語だった)

 

今朝は家事を済ませ、ヨガマットを敷き太陽礼拝から始めましたが全然集中することができず、スタンディングの途中でやめて、無性に自転車に乗りたくなったので、ブラブラと乗って。

桜が散り緑が一層濃くなった桜並木の下を、風を感じながら無心に自転車を漕いでいました。

私は世を捨てて(?)ヨガをしたいのではないな。がっつり嵌るとそこまで極端に走りそうな自分もいるけれど。この日常の中でヨガを実践していくことを選びたい。

自分は1人で生きているのではなく、生かされているな、と思い。

もっと人と関わらなくては。関わりたい。と、感じ。

 しかし、首をもたげるのは昨日の夢。

 

お風呂に入りながら思った事。

あぁ、いつものこれか。

何かを始めようとする時、なぜか誰かの許可を必要と感じる。誰の許可?親?夫?子ども?誰でもない誰か?

何かを始めたからには、早く結果を出さなくてはと思う。何故?

 

動き出そうとする時に感じるのは、いつも得体の知れない恐怖と、とてつもないエネルギーを必要とする感じ。

結局一歩を踏み出せず、足踏み状態。

 

ただ、学びたいだけではだめなのだろうか?

純粋に必要としている、だけでいいではないか?

 

誰の、人生?