Simple Chic Yoga

私(azico)、夫、息子の3人暮らし。ヨガな日々を綴っています。

最善を尽くすの意味

今日の練習中に思ったこと。

 

最善を尽くす、という意味とは?

ただ、ひたすら呼吸をし続け、身体を感じるということ。

心ここにあらずではなくて、心は身体に添うこと。

何かに似ているな、、

 

これは、、子どもだ!

子どもと一緒だ!

 

ただひたすら走っている子ども、夢中になってお絵描きしている子ども、砂遊びに没頭している子ども、色々な子ども達を見てきたけれど(一児の母としてだけど)、

どの子も一緒なのは、何をするにも真剣だということ。笑うのも真剣。泣くのも真剣。遊ぶのも真剣。

(大人になって、何かしながら、あぁこんなこともあるわよね〜(だからたいした事じゃないわ〜なんて自分を慰めたり、慰めに隠された悔しさと諦めをどこかに置いてくる感じ)とか、子どもはないものね。

それに、いっつも真剣一本だと、深傷を負ったりして、沢山のエネルギーがいることを大人になるにつれて気がついていく。だから大人になるって省エネになっていく、気がする。そうじゃない人も勿論いるけれど。)

 

 

それだー。それなんだー。

ヨガの時間ぐらい、真剣一本でいこうやないか〜。

しかし眉間にビシッとしわ寄せないで、真剣に楽しみ、真剣に笑って、やっていこうやないか〜と思うのでありました。

 

ヨガの先生ってお顔がまあるい、とうかお地蔵様のようなまあるい雰囲気の方が多いような気がしておりましたが、そういう事なのかもしれません。

 

 

いつか撮った実家の紫陽花 f:id:azicoyoga:20170609160249j:image