Way of my life.

心たゆたうまま、まるまると生きる

今の私ってね(2)

今年の7月から指導者養成セッションを受け始めて、今はもう11月。

始めた頃の自分と、今の自分。

 

現在、私は家でのヨガの練習をほぼしていません。

あまりしたくないし(え? 笑)、できなくなってしまいました。

頑張ったら、毎日毎日練習することもできるのだろうけれど(あ、わかんない 笑)やだなぁって。

最初はそんな自分を頑張れなくなったな…もう歳だし(歳のせいにはしたくないと思いつつ)踏ん張りが効かないのかしらね、なんて思っていましたが。そういう頑張りは、もういい、ていうかやりたくないって自分の心が拒否しているのがわかりまして。

以前はアサナをしなかった日や出来なかった日には、どことなくそんな自分を責めてみたり、または誰かのせいにしてみたり、後悔したり。夜にはベッドの中で、自分を奮い立たせてました。次こそは、明日こそは、と。

なんかこれ、違いますよね。でもその時は全く気がつきませんでした。何かを会得(アサナって会得⁈)するには、頑張らなくてはいけないものだと思っていました。今の自分には、足りないものがあるから、何かをしなくてはいけない、と。

全てを、もう自分は持ち合わせているのに。

 

最近、自分の中に、”小さなazicoちゃん”ともいうような、何かしらの存在をなんとなく感じるようになってきました。きっとこの子は以前の、この子なのじゃないかしら?と思っています。指導者養成セッションを受けようか悩んでいた時も、もしかしたらこの子が後押ししてくれたのかも。

まだ、私が幼かった頃。

周りのことを意識せず、自分に正直に、自分のあるがままに生きていた頃。

なんだかその頃の自分のような気がしてならないのです。

何が、そうなのか、

何が、全てなのか、

そういうことを、きっとこの子は全てまるっとお見通し。

 

今は、このままの自分のままので、その自分の内側からのエネルギーが湧き上がってくる為のアクションを起こすこと。自分待ちです。

今まで私の生きる指針だったのは、他人からの評価や、誰かとの比較、優劣、常識、そういったものでした。そうやってドンドコ動いていた自分の大きな大きな車輪を一度止めて。

今度はその大きな大きな車輪を、別の力で動かそうとしているような、そんな感じ。

 

このブログを書いていて思いましたが、まずはアサナをすることを楽しむべし!だ。