Way of my life.

心たゆたうまま、まるまると生きる

1月25日

久しぶりにブログを書く。

 

一昨日、東京に住んでいる弟に会いに、両親が上京してきた。

私も合流する予定だったが、大雪のために朝からどうしようかと悩んでいたが、結局待ち合わせの東京駅に向かうことにした。

両親とは年末年始ぶり。弟とは、半年ぶり?くらいだろうか?

弟と両親とは1年ぶりくらい。

お互い再会を喜びそのまま近くのビルでお昼を食べた。

 

そこで聞いた話。

私が学童クラブに通っていた頃にお世話になった先生が自殺したこと。

先生は大病を患っていたこと。

それを苦にして自ら命を絶った、ということだった。

 

今でこそ、学童クラブというのは当たり前ではあるが、私が小学生の頃はまだほんのわずかしかなく、特に地方都市でまだ共働きの家庭は少なかった地域に住んでいたので、親たちの行政への働きかけでようやく作られた学童クラブに、私は通っていたのだった。地域の公民館の土地に間借りして作られたプレハブ小屋の学童クラブだった。

そこで出会ったT先生。学校から帰ってくると、いつも優しく出迎えてくれた。学校で嫌なことがあっても、家で嫌なことがあっても、先生の優しい笑顔でいつも安心できていた。

学童クラブをやめた後も、農家をやっていた先生からお米を買っていた為、年に数回家に来てくれていた。

優しい笑顔は変わらずだった。

最後に会ったのは、10年ほど前だ。結婚する前。その時も変わらない優しい笑顔だった。

綺麗なお姉さんになったね、って言われて照れ臭かった。

いや、息子を見せたこともあるかもしれない。

記憶が曖昧だ。

 

先生が病気だったことを知らなかった。

苦しい思いをしていたことを知らなかった。

 

先生のことを思い出すと涙が止まらない。

普段の生活で先生のことを思い出しすこともほとんどなかったのに、こんな時にだけ涙を流しているなんて、とても自分勝手な人間だと思うよ。