Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

ぽかんタイム

今日は春分だというのに、なんと寒い日だったのでしょうー!

外出中は雪もちらつき、うぉぉぉと(心の中で)叫びながら帰ってきました。

 

最近お風呂に入ると思うことがありまして。

それは、

息子と話すのが楽しいなぁ。

ということ。

でも同時に、

ゆっくり1人で浸かりたい…。

とも思うこと。

 

息子とのお風呂時間は(ほぼ必ず)クイズタイムになる。

お風呂場に入って来るなり、開口一番、

クイズ出して〜!なのだ。

息子の好きなのは、電車、高速道路、都道府県関連。私の引き出しにないものばかりで、息子の方が知識が多いので、正直クイズを考えるのが難しいんだよ…母さんは。

連想ゲーム、しりとりなどなども含めて、毎日何かしらのクイズを続けている。

たまに学校の話やお友だちの話になると、母は色々な意味でとっても嬉しいんだ…。グスン。

愚痴になってしまった。

 

 

先月のこと。

私はお風呂の時間を、

『ぽかんタイム』

と名付けた。

温かくて、気持ちよくて、何も考えずに、ぽか〜んとできる時間。

という意味だ。

当時「なにもしない」真っ只中だった自分は、日常だらだらとしていたけれど、頭の中は忙しかった。ぼーっとしながらもどこか頭の片隅では葛藤や焦りがあったので、なかなか自分の状況を受け入れようとしつつも、できたり、できなかったりと波があった。そんな当時、お風呂の時間は不思議と気持ちよく過ごせた時間だった。

お風呂に肩まで浸かって、だらしない格好でただただお湯に揺られているだけの時間。

頭に浮かぶ言葉は、ぼやぼや揺らめいて。

口もぽかんと開けて、ただ息を吐く。

最高。

 

そして、 

「あたたかい」

も、重要な要素だ。

体がぽかぽかと温かくなると、気持ちもゆるゆるほどけてくる。

自分の本音や、感情が出てきやすい気がする。

(ここポイント!!またこの続きを書こう。)

だから、逆に、気持ちをゆるゆるしたかったら温かくしたらいいんじゃないかな?と思う。

(よく、東北地方の人は忍耐強いというけれど、あれはきっと気候が関係していると個人的には思う。)

 

ぽかんとヨガする、

いいね。