Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

あんなに欲しかった母の何か

昨日はブログに、

あんなに欲しかった、母の何か、も、ね。今は、ひとまずいいや。

と、書いた。

一晩寝て、今朝起きて思った。

今は、ひとまずいいや、ではない。

もう、いいや。だな、と。

正確には、あんなに渇望していたはずの、いわゆる母の愛的な何か、は、もう必要ないな、、と、昨日母を見て感じたのだ。

手に入らないから諦めたのではない。

そんな酸っぱいブドウみたいな単純な話ではない。

もう、そこに拘らなくていいんだなと、自然と感じた自分がいたのだ。

 

私は、私の人生には、母の愛的な何かが足りていないと、ずーーーーーーーーーっと思ってきた。

ひたすら、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと思ってきた。

たくさん泣いてきたし、人生何度も投げ出そうとしてきたし、ひたすら拗ねて苛立って怒ってきた。お母さんのこと、大好きだからさ。大好きで大好きでさ。

私はあなたの中でずーーーっと小さな子どもでいたかったんだなと。

でもそれとは裏腹に私はあっという間に大きくなり、お母さんにずっと抱っこされていたかったのにその思いも叶わなくなり。目の前には様々な人生の出来事が次々と起こり、私はそのどれをも怖がり。とにかく、、、

!!!そうか!私が、以前に書いた(独り言だす - Way of my life.

自分の人生において、

自分が何もできない、何もなし得ない人間なんだということを、

隙あらば全力で証明しようとする動き

って、お母さんにずっとずっと抱っこしてもらっておんぶしてもらって、頭を撫でてもらって、何をしても、何をしなくても、全肯定してくれて、認めてくれて、とても居心地の良い、、そんな無償の愛(というのか?)に包まれていたい、からだったんだっっ!!!!!!

 

無償の愛って、自分をこの世に生み出した母親からでさえもらうものではないのだ。そもそも、「もらう」ものではないのだ。誰かに、何かに、依存するものではない!!

だって、だって、私ってばもうすでに無償の愛を持っているわ。

そもそも、もともと私が私にたくさんの愛を持っているわ。

そうなんだー!!やっと気がついた!!

お母さんありがとう!!

私やっと気がついたよ!