Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

ほろほろとほどける

今週のブログは母親週間、毎日書きたいのは母のことだ。ブログを書くと、自分の気持ちがよくわかりますです。

 

 

母の、人間としての懐の深さを今更ながら感じる私。

母親として、だけじゃなく、多分彼女の人間性に私は沢山救われてきた。

ようやく思い出した。

私は、沢山のことを母に与えてもらったこと。

我儘な私の、思う通りに寄り添ってもらったこと。

この世界中の人、全員が、この世に生まれ落ちた時、必ず、誰かから何かしらの働きかけがない限りは、そこで死んでしまう。今、生きることのできている人、全ては、そういった働きかけがあったのだ。今まで生きていたのではなく、生かされてきたのだ。私はそれさえもすっかり忘れていた。いじける時はとことん妄想世界に入り込む。

 

息子が、昨日からまた体調を崩している。

子供の頃、風邪を引くとお粥を作ってくれた母。玉ねぎの薄切りと卵と味噌が入っているお粥。とても美味しかった。

私は息子が風邪を引くと、結局同じお粥を作っている。

今までは、お粥を作りながら何度も母の面影を探してきたけれど、今は、その面影をふと思い出すだけで充分、満たされる。ありがとうと思う。