Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

アンサー

 

 昨日書きましたですね。

わたしちゃんはそれで喜ぶのでせうか、

で終わりましたですね、昨日の続きです。喜ぶのであれば、わたくし全力で喜ばせます。喜ぶのであれば、、と書いていますが、わたくし、間違いなく、わたしちゃんは喜ぶと、そう思います。もっと言うと、たとえ喜ばなくても、わたくしはそこに全力をかけた方がいい気がしているので、自分の身体を使って、様々の感覚、感情を全力で味わおうと思います。

 

・・・

 

今日、レセプションも兼ねてのヨガレッスン、受けてきました。

アシュタンガヨガをベースにしたシークエンスです。

シャバーサナで休んでいる時、ふかふかした胸から、ある感覚が沸き起こってきました。

 

ヨガをすることって、

自分をいたわり、大事に、大切にすることなんだ、、、と。

改めて染みわたり、感じ入り、思わずじんわりと涙が出てきてしまいました。

 

先生の絶え間ないインストラクションに、深い深い愛を感じました。

それを支えに自分自身も深く受け止めました。

 

帰り道には、色々な思いでこれまでヨガをしてきたことをふんわり思い出しました。

頑張ってきたんだねぇ!と、

大声ではっきり自分に言いました。それはまるで、ずっと共に長い間戦ってきた、一番の戦友と肩を組んで、今までの戦いをお互い讃えあい、労い、そして最後は、笑いながら泣きながら抱き合ったような、そんな感じでした。

一区切りついた気がしています。

今日も、ありがとうございました。