Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

大事な人と会う

この間、大切な人と会った。彼女に会うのは久しぶりで。

息子が発熱したという学校からの連絡が入り、その会は途中でお開きとなってしまったのだが、それ以前にテンションが上がりすぎて、頭の中は大忙し、話があちこちに飛びまくり、話したいことの半分も話せなかった、気がする(笑)

帰りの電車で思ったよ。

私が本当に会いたいと思う人って、少ないなぁと。

自分が心から安らげる人って、数えるほどしかいないわ、と。

逆に、会ってみたい人、というのは両手はで数え切れないほど?

 

今までもそうだったのだろうけれど、そんな自分をどこかで恥じていた。もっと細かく言えば、友だち別に多くなくてもいいけど、って思っている自分を信じることができなかった。ほら、世の中ではSNSは大盛況、繋がるやらなんやら、友達って多い方がいいとか、友達100人できるかなとか(笑)友達は財産(これは量の話ではないけれど、そうすり替わってしまう時があったよ)とか、言うじゃない。だから、あれー私間違っているのかなー変なのかなー、周りを見渡すと、いつの間にかみんな仲良さそうにしてるぞーあれー?あれー?みたいな(笑)

もう、そんなのもさっぱりしちゃった。どうでもいい。少ない方が濃い付き合いができますよ、本当の友情ですよとか、そんなことを言いたい訳でもない。多くても少なくても、どっちでもいいし、そもそも、そこにフォーカスする必要が全くなかった。

 

とにかく自分は会いたい人には全力で会いに行って、心を通わせる時間を持つ。

それだけなんだ、って、わかっちゃった!

わいのわいの。

 

追記、

大事な人ってどういうことだ?私はどういう意味で使っている?