Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

自分と世界の境界

このブログも8月で丸2年、経とうとしております。

ずっと匿名で書いてきたブログ、どこの誰かということを、このブログに明かすことを随分前から考えていたのですが、、、なかなか踏ん切りがつかず。

しかし、えいやっと出してみることにしました。昨日から。

改めまして、Azusaです。

 

ヨガインストラクターとしてデビューしたから、告知をしてみよう、、それも動機としてなくはない、、が、いや、あまりないかも(笑)え、そうなの(笑)

それよりも、なによりも。

どこの誰かを明かして、自分そのままを表現していく、そのことに挑戦してみようと思いまして。

 

私は、この場でたくさんの思いを吐き出してきました。毎日のくだらないことから、誰にも言えないことや、あまり言いたくないことまで、でも自分が何かしらの意味において書かなくてはと思うことを、最近は特に、あまり制限もなくつらつらと書き綴って参りました。

今までの様々な思いをここで書くことによって、私は随分と救われてきました。自分自身を整理してみたり、あぁ自分はこんな人間だったのか、と新たに発見してみたり、埋もれていた自分が浮かび上がってきたり。

 

思い起こせば子どもの頃、小さなノートや広告の裏に自分の名前を書いたり、大好きな絵を毎日毎日一生懸命描いていました。よく可愛い女の子の絵を描いてたな。色んなパーツ練習とか(笑)誰かに見せようともあまり思わず、(上手に描けた!と思ったら、親に見せてたと思うけれど。)とにかく楽しくて、もっと上手に描けるようになりたくて、要するに頭に浮かぶイメージ通りに絵を描きたくて、ひたすら描いていました。

今、このブログを書くことは、どこかその頃に似ている気がします。

あの頃と同じ。

書いていて楽しい。自分が楽しんでいる。

あぁそうか、わたしはあの頃のように、ただただ自分が楽しむことをやりたかったんだね、、

と、これまたここまで書いてきてふと気がつく。

1人ひっそりと描いていたあの頃の絵と今のブログは、本質的には何も変わっていないのだよ。いや、変わらなくていいのだよ。

イメージしたものを言葉にするか、絵にするかは違うけれど、自分の思い起こしたものをこの世界に出していく。

誰かが読んでくれて、共感してもらえたらそれは本当に嬉しいけれど、

でも共感してもらうために書くのではなくて、

読んでもらうために書くのではなくて、

誰かの為に書くのではなくて、

自分の為に書く。

脱線してしまった。

 

正直、気恥ずかしさと、怖さと、結構ありますけれどね、もういいんです。もういいのか(笑)

わたしは、自分と世界の境界を飛び越えて、、じゃないな、

自分と世界の境界は、

そもそもなかったんだ!ということを、

これから、まじまじじっくりじんわりしみじみと、体感したいんだ!

 

改めまして、これからもよろしくお願いいたします。