Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

ノー

ウクレレアルペジオの練習を始めた。

教本があるので、それを見ながら今のところ独学で好き勝手に楽しんでいる。

しかし、自分で弾くことのできる楽器がある、というのはやっぱり嬉しい。

練習しながら何の為に弾いているのかしらん?

と思うんだけど、指もまだまだ痛いしね。

でも、ただただ爪弾いているのが楽しい。

頭がフラットになるんす。

自分の中に目標がない訳ではない。

弾きたい曲がある。

歌いたい曲もある。

自分のものにしたいのだー。

 

・・・

 

今日は息子とランチへ出かけた。

狭いお店だったので、隣の人の会話が丸聞こえだった。(←なんか、コレいつものパターンで嫌だな、笑)

なんの発展もない、なんのエネルギーの交換もない、惰性で続く会話が、気持ち悪くて気持ち悪くて仕方がなかった。なんて失礼な!だけども。

聞きたくないのに耳に入ってくる。

そうやって引っかかる自分。

引っ張られる自分がいる。

それはつまり、あれらも自分の中にあるものなのだね。

覚えがある。

若い頃、同じように会話を繰り返していた、記憶がある。

あれは、鏡に向かって話しているのと同じだった。不毛な時間だった。

 

妙に生々しい。

気持ちの悪さも、直接胃にきた。

食欲が失せるほどだった。

今も、そんな会話、繰り返している時がある。

いつもではないけれど、あるんだな。

向こうはどうか知らないけれど、私がシャットダウンしている時があるんだな。

ガラガラシャッター閉めてるんだな。

知りたくなかったけれど、知っている。

誤魔化してきた。

いつ向き合うか、今でしょ!って言えないの。

言いたくないの。

でもいつか向き合わないといけないのも知っている。

知っているけれど、知らないふりをしている。

くまー。