Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

呼吸を共にするということ

今朝の練習

スリヤナマスカラへ入るまでに呼吸をしながら自由に動く

 

息を吸う

息を吐く

の間の時間を感じることから始めた

つまり、吸うと吐くの間は、どんな意識でいるのか

 

吸った後、吸うでもなく吐くでもない時間がある

吐いた後、吐くでもなく吸うでもない時間がある

 

その瞬間

息を止めている瞬間

その瞬間、身体を巡る呼吸の流れにフォーカスしていたら

あっという間にスタンディングまで終わってしまった

 

いかに、今まで、呼吸を無視してきたか

いかに、今まで、頭で動いてきたか

(自分では呼吸と共に動いてきたつもりでいたんだよね)

(つもり…人間て"つもり"が多いよなぁ)

 

呼吸することは生きることだ

生きることは自分を中心に据えることだ

自分を中心に据えることは自分の心地いいところを探すことだ 

 

つまり

呼吸すること=自分の心地いいところを探す  (注:私の考えでは)

だから

呼吸の仕方で人それぞれ生き方が決まっていくのかもね

私は、今までのような身体中に力を入れていつも緊張しながら生きていくのはやめようと思うんだ。

だから、自分の心地のいいところにいながら呼吸をしていく

 

アシュタンガヨガで癒された…と思ったよ

自分の好きな呼吸数でしていったからだと思います

アシュタンガを家で練習するのに、今はこれでやってみようと思う

呼吸にリードしてもらう練習