Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

相合傘

タダヨガ、レセプションの帰り。

バスから降りたら雨が降っていたので、傘を持っていなかった私は、前かがみになりながら早歩きで家までの道を歩いていた。

後ろから見知らぬ年配の女性の方が、傘を突き出しながら近づいてきて、

もしよかったらどうぞって

私を傘に入れてくれた。

こんなこと、生まれて初めての経験で。

初めて会う人との相合傘。

驚いたのと、嬉しいのと、少しの緊張で、ぎこちなくなってしまったけれど、

何度も御礼を言いながら、2人で縮こまりながら早歩きで歩いて、2つ先の十字路で別れた。

 

若い人には余計なお世話かもしれないけれど、、って何度も仰っていましたが、

傘と

雨の降らない小さな空間を

見も知らぬ人間に貸してくださって

月並みですが、人の優しさ、あたたかさ、というものをしみじみと感じ、感激していました。

ありがとうございました。