Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

出来た!

昨日は何もできない一日であった。

エネルギー切れ、である。

そんなもんだから、朝からテレビを観続け、洗濯物は洗ったのに、洗濯機から出したのに、干さず、食器もシンクにそのまま。

なぜか、掃除機はかけた。これはよっぽど床が気になっていたのだろうと思う。

昨日、自分の様子をブログに書いて、寝た。

こう振り返ると、何かはしている。

そういえば、太陽礼拝と筋膜リリースはした。

 

今朝は、寒さと、息子が私のベッドに侵入してきて腰をガンガン足で蹴られて起きた。笑 

母さんは一瞬イラっとしながら起きたけれど、そのスヤスヤとしている寝顔を見て、ほっこりしながらベッドから出た。(母さんと言う生き物は我ながら凄いと思うなり)

 

息子を学校へ送り出してから洗濯物も台所も手をつけず、お風呂を沸かしてしっかり温まった。

体がとても冷えている気がしたのだ。

エプソムソルトをザバザバ入れ、お気に入りの精油を垂らし、20分しっかり浸かり。

そして、お風呂から上がり、

ようやく昨日の状態を見ることができるようになった。

あぁ、エネルギーが切れて、プスンプスン…て言ってたのねって。

エネルギーが切れている時、私はまだまだエネルギー切れの自分を意識することができないんだと改めて感じた。

今までの私、基本、エネルギー切れていたから笑、その状態になった時もあまり違和感がないんだと思う。

満タンになったことの方が少ないから、エネルギーある時の方がまだ、自分では意識することができている、気がする。

そして自分を観る時、実はエネルギーが必要なのだと感じた。

これは大事な気づきだ。

エネルギーがプスンプスン状態だと、自分を保つのに精一杯で自分の無意識を観るどころではなくなる。

まずは充電。少し貯めよう。そこから始めればいいのだ。何も自分を責める必要はないのだ。

 

 以前からなんとなく感じてはいたことだが、私は気持ちの振り幅がとても激しい気がしている。

ヨガをしていて、新月、満月を意識し始めてから気がついたことがあった。

新月に差し掛かる時期は、凄くテンションが上がり、新月を過ぎ、満月へと動き出す時、体も落ち着くし心も少し落ち気味になるのだ。新月が過ぎると、一度心と体ががくんと落ち、大ブレーキがかかる。これはなんの影響なのだろうか、と先ほど考えていた。

そのまま月の影響なのか、ホルモンの切り替わりの影響か、自分で上がり過ぎたテンションを下げてバランスをとっているだけなのか、、、、、何にせよ自分で自分をそう動かしているんだろう。

 

このブログを書きながら、ヨギティーを飲んでいる。

タグに書かれていた言葉は、

Use your head to live with heart.

心で生きる為に頭を使いましょう。

そうですね。

 

昨夜息子をぎゅーして、自分をぎゅーしてあげられた気がした→寝ながらブログを書いて寝た→今朝、体を温めようと思った→お風呂入った(精油で幸せ)→温かい&綺麗さっぱり→歯磨き→好きな音楽かける→台所片付け→洗濯物干す→ブログ書いている

 

→→→上の行動は、全部自分が、「そのように出来た」こと。

当たり前じゃないんだよ。

自分に対して「出来た」ことだよ。

ここまで、自分を引っ張り上げた。

→→→ありがとう。と自分に対して思った。思えた。