Way of my Life

心たゆたうまま、まるまると生きる

プロセス

世の中

男のような女の人がいて

女のような男の人がいて

 

自分の中にも

男の人がいて

女の人がいて

 

でも本当の自分は

男でもなく

女でもなく

 

・・・

 

少し前に夫が話してくれた

どうやら自分は、女性性が割と強いのかもしれない、と

男性同士での、負けられないと気負う会話が疲れると

 

私は、自分の中で男性性が強いと思っていたから、

夫と話す時、男同士になってしまって

その部分でぶつかることが多いのかなと思っていた

 

しかし

やはりよくよく考えると

夫婦二人の世界の中で

夫と対峙する時はいつも

夫は男性的感覚を出し

私は女性的感覚を持ち

向き合ってきた

 

そして

ぶつかると言うより

話が通じない的な 笑

同じ事を

それぞれの視点で話すものだから

お互いに通じあわず

考え方が全然違う!みたいな

多分

先のゴールは一緒なのだろうけれど

そこまでの思考のプロセスが違っていて

お互いのゴールも別に見えていて

 

特に 私は

自分の感情に囚われてしまっていたから

見えるものも

見えてなかった気がして おります

 

・・・

 

女性性が強いかもしれない、という夫の告白は、

夫自身が自分を掘り下げていったことで

見えてきたことだ

それが

私には堪らなく嬉しかった

(私がそれを指摘したとしても

それは違うのだ)

そして自分がそう認めたことを

話してくれてこと

尊敬だ

 

自分の中に既に「在る」ものを

自分で気がつき 認めることは

時に とても難しい

自分で気がついた時に

認める、降参するって

本当に難しいんだよ

でも

そのプロセスなしに

変わることはないし

前へ進むこともない

 

私は

変わることや 前に進むことを

是としている訳ではなく

 

自分の進みたいと思う方向の選択肢を

増やしていきたいのだ

進む道、変わる道を見つけたら

そこで初めて

進むか留まるか

変わるか変わらないかを

自分で選ぶことができる

 

だから

このプロセスを踏んでいきたいと

思う次第ですわ