Way of my Life

こころを綴る

交換条件

昨夜、ブログを書いていて気がついたことが1つあった

 

私は

いつも

交換条件を

無意識に

出していた

自分に出し

相手に出し

自分を取り巻く世界に出し

 

何と何を交換するか

私の苦しさと何か

私の我慢と何か

私の喜びと何か

私の感動と、、何か

 

苦しさには癒されるような何か見返りを

我慢にはそれに見合う贈り物が必要で

喜びにはその後に同じだけの嫌なことを

感動には、、単純に心を動かされた自分への罰だ

 

相手には何を出していたか

相手の苦しみには可哀想という同情を

相手が我慢するなら私が何かをしてあげる

相手が喜ぶならやはり何か見返りを

相手の感動には、なんだろう、、無関心か

 

昨日のブログでは”取引”と書いたけれど

まさにそう

〜する為に〜する

〜して欲しいから〜してあげる

 

 

これは

大きな発見というべきか

自分の奥の方のかなり認めたくない部分

白日の下に晒して

観てみたよ

 

 

悲しいほど

子どもの頃にインストールしたプログラムというものを

今も大事に大事に

再生し続けている