Way of my Life

こころを綴る

言葉を綴るとはどういうことか

言葉について。

 

言語      wikiより

広辞苑大辞泉には次のようにある[1]。

人間が音声や文字を用いて思想・感情・意志等々を伝達するために用いる記号体系[1]。およびそれを用いる行為(広辞苑[1])。音声や文字によって、人の意志・思想・感情などの情報を表現したり伝達する、あるいは他者のそれを受け入れ、理解するための約束・規則。および、そうした記号の体系(大辞泉[2])。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%25E8%25A8%2580%25E8%25AA%259E

 

 

言葉で伝えるとことが出来るのは、

過去と未来方向のベクトルに向けた事だけである、と、私は考えている。

 

ブログに綴ることが最近難しい。

言葉にする、

文字を打つ、時点で、

私の思いからかけ離れてしまう事が多い。

 

自分の語彙力のなさ、が一番の原因かと思うが、

でも、

今、思う事、は、そのまま表に出す事は、厳密には決して出来ない。

 

ここには、

今の決意(未来)を書く、ではなく

こうしたい(未来)を書く、ではなく

思い(未来、過去)を書く、ではなく

考え(過去、未来)を、書く、ではなく

 

今、を書きたいが、難しいし、

その今を表に出す事が出来たとして、

果たしてそれが面白いのか?という気持ちもある。

人は1日に6万回だか7万回の思考をするといわれているが、

浮かんでは消え、を、永遠に続ける全てをトレースすることはまず無理だし、それには何の意味もない。ただの垂れ流し。

 

このブログが、その1日の思考のある一部分を切り取って表現しているのでは、

私にとってはあまり意味がない。

 

思考と言葉と直感

 

言葉を綴るを仕事にしている人は

何をもって言葉を使っているのか?

言葉で何を表現しているのか?

言葉で何を世界に表明している?

 

望まれる言葉を出しているのだろうか?

誰にも望まれないかもしれない

独り言をこの世界に紡ぎ出す意味はあるのか?

 

意味というのは、あってないと思うが、もしくは、なくてある、か。

まずは順序立てる。

 

言葉とは、なんだ?

この問いでさえ、明日には、もしくは次の瞬間にさえ、意味をなさない。

言葉の集合である、このブログとてそれは同じだ。

その一点において

意味づけをしない事は一つのやり方だと考えるが、それはただの逃げか?

 

思うに、

いつも

混乱と混沌の最中。

 

それが

ということか。

 

それは、面白い。