Way of my Life

こころを綴る

蝸牛

5月22日

 

どうしたい?と自分に突きつけた夕方

 

その、突きつけた切っ先が、

余りにもが鋭くて、

最後にはまるまった自分は蝸牛だ

 

刀を突きつけて、自分に向かうなんて、

なんて馬鹿なのだろう

 

だから防御しているんじゃないか

 

なぜ、こうも自分と闘おうとするのだろう

 

誰が誰と闘おうとしているのか

自分の責を負いたくないのか

自分と手を取り合うはずではなかったか